山梨県一宮町で桃を作っている農家です

さんさん桃琳

山梨一宮の桃 今日の桃のようす

2019/06/21
 
山梨一宮の桃
この記事を書いている人 - WRITER -
macoto

6月も半ばを過ぎました。

 

今日の桃

今、桃はどのくらい育っているんでしょうか。

桃に袋をかける作業、ふくろかけが終わりました。

山梨一宮の桃

桃の実は直径5~6cmです。色はライムのような黄緑です。

 

今日現在の桃の実は、直径約5cmです。
色は青くて、固いです。

この桃は日川(ひかわ)という品種です。
園の桃は10品種作っていますが、一番最初にとれる桃がこの日川です。

 

袋掛けってどうしてするの?

袋掛けをする理由は、3つあります。

・虫から桃を守るため
・強い日差しから桃を守るため
・枝や葉が触れて、傷がつかないようにするため

特に、直射日光が当たると、桃の肌が日焼けしてしまいます。袋をとるタイミングは、
袋を外してから収獲までの期間を様子を見ながら決めます。

一週間から10日で収獲が始まります。

短期間に桃に日差しを浴びさせると、甘味もぎゅっと詰まった美味しい桃が作れます。
桃ひとつひとつに袋を掛ける作業は、大変ですが美味しい桃を届けたいという想いで
やっています。

 

袋には種類があります。

桃にかける袋には、いくつか種類があります。
この袋は「電話帳」と呼ばれています。
電話帳のように、実際文字や数字が書いてありますが、誰かの本当の名前や電話番号は
書いてありません。電話帳風の袋です。

山梨一宮の桃

電話帳と呼ばれる袋

 

2日後には、この袋を外します。

 

 

山梨県一宮町の桃

さんさんとたっぷりの日差しの下、桃が育っています

 

そして、一週間後に今年初めての桃が収穫できます。

どうぞ、楽しみに待っていてくださいね!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
macoto

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さんさん桃琳 , 2019 All Rights Reserved.