桃の成分・栄養素

桃のヘルシーパワー

一宮の桃は、体をきれいにし、うるおいを与える効果があります。

桃は、低カロリーです。甘いのでカロリーが高いと思われがちですが、甘さのわりには、エネルギーはそれほど高くありません。可食部100g中、40kcalと、低カロリーです。食物繊維も含まれているので、ダイエット中の方にもおすすめの美味しい果物です。ポリフェノールが多く含まれていて、抗酸化作用があることが知られています。動脈硬化を予防して、心臓病や脳血管疾患になりにくくする働きをすると言われています。

糖尿病を予防する効果があると期待されています。インスリンの働きを活発にする作用があることが報告されています。桃は、栄養的に際立って多い成分はないが、全体のバランスがよく、人に優しい果物といえます。

●成分値(可食部100g当たり/生)

一宮の桃は、体をきれいにし、うるおいを与える効果があります。

* ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは肌をきれいにしたり老化防止の働きがあります。さらに、桃のジューシーな果肉は不足した体液を補い、皮膚に潤いを与えてくれるので、肌を若返らせることができます。

* ビタミンEを多く含んでいます。体の脂質を防いで、細胞がガン化することを抑制します

* ペクチンという食物繊維が便秘解消を促してくれます

* 鉄分、マグネシウムが、冷え症の緩和や血行を良くする効果があります。女性の強い味方です。

* カテキンは、老化防止やガン予防の効果が期待できます。

* ナイアシンは、二日酔いの原因となる、アセトアルデヒドを分解してくれます。

* カリウムは、血圧を下げる作用があるので、高血圧予防としても有効です。疲労回復・ストレス解消・整腸などに、有効とされています。